男性

完成時の引き渡し検査

メンズ

業者と一緒にチェックする

足立区のリフォームが完了したら引き渡しになりますが、まだまだ安心はできません。引き渡しの際には足立区のリフォーム業者とともに不具合がないかを確認する、引き渡し検査を行います。設計図、仕様書、追加・変更工事の確認書などを準備しておき、リフォームの仕上がりをチェックします。施工が正しく行われていることが確認できたら、最終の図面や設備機器の取り扱い説明書、保証書などを受け取り、引き渡しされます。引き渡しの後にも、プラン通りにリフォームされたかの再確認は必要です。引き出しや扉の開閉が静かでスムーズにできるか、床や家具や壁に傷がついていないか、給排水のトラブルがないかなども細かくチェックしましょう。きちんと点検したのに不具合があった場合は、速やかに業者へ連絡し改善してもらいましょう。引き渡し査定で不具合や欠陥がなかった場合でも、念のため契約書の約款か保証書に記載されている保証期間を確認しておきましょう。一般に保証期間は約2年ほどですが、足立区の業者によっては保証期間や定期点検の頻度が違います。もし使い始めてから不具合が分かった場合は、保証期間内なら修理などを無償でしてくれます。但し、一般的に自然災害によるものなどは保証の対象外になります。使い始めてからトラブルが起こった場合、足立区の業者がどのような対応をするのか事前に確認するといいでしょう。また、定期点検の時期も確認しておくことが大事です。